雲は山と台風より渋かった

「フライドポテト」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるはず。無関心な人だって。アナタにとっての「コーラ」はどんな感じ?

じめじめした日曜の夜明けは椅子に座る

見学するために坂道でもたくさん歩く動物園は、8月は大変暑くて疲れる。
友人と奥さんと子供と自分と妻と子供と共に出向いたが、非常に蒸し暑くてつらかった。
とっても蒸し暑いので、キリンもトラも他の動物もほぼ動いていないし、奥の日陰に姿を隠していたりで、さほど見えなかった。
今度は、クーラーのきいた水族館などが蒸し暑い夏はよさそうだ。
娘が大きくなったら夏期限定の夜の水族館や動物園も楽しそうだ。

よく晴れた木曜の夜明けはお酒を
なぜか情緒不安定な状態に陥ってしまい、少しも楽しくなかった。
大きな原因がないし、いきなり悲しくなったり、全部無駄に思えた。
けれど、とある仕事ができた。
その上有名な野外の催しで大手の案件だった。
こんな感じでは良くないので我を忘れて集中しているうちにいつもの陽気な心持に戻ってきた。
思い返せば不安定なとき、昼間に太陽の光を浴びたりしなかったと思う。
夜間はさけて外出することも必要かもしれないと思うようになった。

勢いで体操する父さんと横殴りの雪

「誰が何を言おうとこうで当然だ!」など、自分の価値観のみで人を見極めるのは悪くはない。
と言いたいけれど、世の中には、人それぞれと言われるものが個人の周辺に漂っている。
この事を考慮すれば、自信を持つのは良い事だけど、あまり反対するのはどうなんだろう?と思う。
まあ、これも個人の考えでしかないんだけれど。
厳しい世の中になってもおかしくないかもしれない。

怒って踊る子供と紅葉の山
近頃は、漁港に釣りに道具を持っていってない。
日々の業務で大変せわしなく行けないというのもあるけれど、たいそう暑すぎるから、出かけづらいのもある。
それに加え、仕事終わりに近くの堤防を見学しても魚をかけている雰囲気が全くないから、早く行きたいとは思わない。
非常にうんと釣れていたら行きたくなると思う。

汗をたらして歌う兄弟とぬるいビール

働き始めて間もないころ、よく理解していなかったので、大変な厄介なことを誘発してしまった。
悔いることはないと話してくれたお客さんたちに、感じの良い訂正の方法も考え出せず、号泣してしまった。
お客さんが、エクセルシオールのラテをあげる、と言いながらくれた。
勘違いで2つ注文しちゃったんだよね、とニコニコしながら別の種類の飲み物2つ。
高身長で、ひょろっとしていて、とても感じのいい表情をした若い人。
申し訳なかったな、と思う。

雨が上がった火曜の晩に座ったままで
暑い時期にあったことを特にしていないが、仲のいい人と週末、コテージをかりてバーベキューを行う。
暑い季節のお決まりだが、日常から離れ、息抜きになる。
男が二人なので、めちゃめちゃ色々となんやかんや準備をしないとな。
特に、炭の準備が、女の人は不得意な人がまあまあいるので、してあげないと。
そうは言ってもきっとみんなでワインをがぶがぶ飲むその時は、ビールをがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

息もつかさず吠える父さんと私

私は昔から、肌がさほど強くなく、ちょっとしたことでトラブルが起きる。
それに、ボディーシャワーの肌に残る感覚があまり好きじゃない。
しかし、冬の時期はもちろんぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていないケア用品を使用している。
これらの商品のガッカリな点は、価格設定がとても高く、なかなか買えないところ。

控え目に泳ぐ妹と私
村上春樹の文庫本がハマると、読書ファンの人々の感想を教えてもらい、読んだのがノルウェイの森だ。
この文庫本は、日本だけでなく海外でもたくさんの人に親しまれ、松山ケンイチ主演での映画も公開された。
彼の文庫本は、会話が面白く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、主役のワタナベは、実際、生と死の間でゆれているようだ。
そのテーマを取って読んでも2人の女性は素敵だと思った。
そして、ハツミさんや永沢さんやレイコさんといった役が加わる。
みんな魅力的で独特で陰の部分を持ちあわせている。
大分前に読んだ物語だが読みたいと思い立って読んだことが何度もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと思った部分。
それで、直子がうらやましいと思った。

ゆったりと踊る友達と突風

ツアーでも業務でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、港町である釜山。
観光ももちろんだが、特に女の人は韓国コスメブランドやファッションなど興味がある人も多いと思う。
韓国人は外見へのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての熱は強い。
面接や、パートナー探しの際に、日本よりも露骨に判断される傾向が多いとか。
自然と、韓国美容グッズは、成分が日本製より多く含まれているらしい。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待できるのではないだろうか。

涼しい週末の朝はビールを
去年の猛暑、ガンガン冷やした部屋の中で冷たいドリンクだけ摂取していた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが大事だと考えたから。
クーラーの効いた室内で、ノースリーブ、そしてレモンティーにアイスコーヒーで体まで冷やした。
だから、快適だと思っていた夏。
夏が終わり、その年の冬に、いつもよりさらに震えを感じることが多くなった。
部屋の外に出る仕事が増えたこともあるが、寒すぎてコンビニへすら出れないという事態。
なので、たぶん、真夏の水分摂取は真冬の体調管理にもつながると思っている。
多く栄養を取り、偏りのない生活をすることが一番だと思う。

お役立ちサイト・関連サイト紹介です。


引っ越し業者 おすすめ
安い引っ越し会社さんは、一括見積りで探す。おすすめの引越業者の中から最安値の引っ越し会社を見つける。
Copyright (c) 2015 雲は山と台風より渋かった All rights reserved.

サイト内コンテンツ