雲は山と台風より渋かった

皆さん、「竹馬の友」のことを考えてみようよ。険しい顔するほど頭を抱え込む事って無い気がするんだ、「感動」の特徴とかはね。

風の強い火曜の晩は座ったままで

小さなころから、本を読むこと嫌いじゃありませんでしたが、何気なく、家の本棚や図書室にある本を読んでいました。
本当に理解しながら進めるようになったのは、高校生のとき。
国語で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを学習してからです。
ストーリーは、付き合ったいる人を失った主人公さつきの、高校時代の回想がスタートです。
恋人と死別してしまう経験なんてその当時もその後も、ないです。
だけど、当時の私に主人公の悲しい気持ち重なりました。
今までにない感覚でした。
主人公と、その時の私の年が近かった事、それもひとつの理由だと思います。
帰り道に、それを購入したのが文庫本を購入した初めての経験です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、ずっと色あせない素敵な本だと思います。

前のめりで踊る父さんと夕立
ネットニュースをよく見るけれど、紙の媒体を読むことも前は好きだった。
現在は、0円で閲覧できるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見やすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目に入るけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になってしまうかもという話題が気になる。
債務不履行になるわけないと思うけれど、もしなったら、どの国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

気どりながらお喋りするあの人と履きつぶした靴

ちかこが、マンションのベランダで、トマトを育てている。
実ったらミネストローネを作る予定だという。
実は、まめに水分をあげないし、ベランダでタバコを吸うので、ミニトマトの環境は全然良い環境ではない。
1日、水も肥料も与えていないという時期の、その外見は、緑色の葉が垂れ下がっていて、まるでガッカリしているシルエットに激似だ。
気の毒になったので、水と肥料をたっぷりあげると、あくる日の朝のミニトマトは何事もなかったように復活していた。

騒がしく歌う家族と僕
チカコと福岡市内のアバクロンビー&フィッチに入った。
私たちはAbercrombie & Fitchのカジュアルなデザインが気に入っている。
そして、店内の高級感と、香水の香りが。
1時間程度みて、Abercrombie & Fitchを後にした。
気付いたら、私が歩道をふさいでいたので、ごめんなさい!と言い振り返った。
すると、店に来ていた男性。
笑いながら、ありがとう、など言っていた。
ビックリしたのは、彼の荷物。
アバクロンビー&フィッチでいったいどれくらい買ったの?と聞きたくなった。
そして、スターバックスで知佳子とその男の人の職業当てで盛り上がった。
答えは永遠の謎だ。

怒って体操する友達と夕立

版画やフォトなど芸術が嫌いではないし、絵も自信があるのに、写真撮影がとても下手だ。
それでも、かつては機嫌よく、一眼レフなんか持ってた時もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
驚くほどレンズが合ってなかったり、ユニークなアングルなので、カメラがしゅんとしているようだった。
それは良いとしても、カメラや現像はやっぱり凄くクールだと思った!

気どりながら口笛を吹くあなたとオレ
メジャーな見学スポットである、法隆寺へ足を運んだ。
法隆寺式伽藍配置も思う存分見学できて、五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも巨大なものだった。
このお寺について勉強するにはおそらく、非常に多くの時を必要とするのではないかと感じている。

曇っている月曜の昼にひっそりと

甘いおやつがめっちゃ好きで、ケーキやようかんなどをつくるけれど、娘が色々わかる年になって作るおやつが気を付けなければならなくなった。
私たち夫婦がたいそう喜んで食べていたら、子供が自分も口にしたがることは当たり前なので子供も食べてもいいお菓子を自分でつくる。
自分は、チョコ系のケーキがめっちゃ好きなのだけれど、娘には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖とバターを少なくして入れて焼く。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

じめじめした月曜の夕暮れにビールを
タイムイズマネーとは、素晴らしい言葉で、だらだらしていると、見事にすぐに時が無くなる。
もっともっと素早く仕事も報告書も終了すれば、そのほかの事に時を回せば効率がいいのに。
しいて言えば、ジムに行ったり、料理にチャレンジしたり、週刊誌を読んでみたり。
とのことで、ここしばらく、てきぱき終わらせようと気を張っているが、何日頑張れるのか。

天気の良い大安の昼は足を伸ばして

出社のために何着か少しだけスーツ用のワイシャツを持っているけれど、大体購入するときにかなり試着する。
そこそこ、ワイシャツに執着するのも珍しいかと思うようになっていた。
しかし、この前、Yシャツは特注でという方がいたので、驚いた。
たしかに、シャツだけでスタイルが良く見えるので、いいかもと感じた。

月が見える仏滅の晩に立ちっぱなしで
夜中、眠れないときに、借りてきたDVDを集中して見るようにしている。
先日観賞した映画は、エスターというタイトルの米国映画だった。
主役の、エスターは、しっかりしているけれどずいぶん変わった9歳の女の子。
エンドには予想もつかない結果が見られる。
それは見る中盤で、エンドが予想できる人がいるのか不思議なほど予測不可能な終わり方。
それは、ビクッとさせるわけでもなく、ただゾクゾクとするような結末だった。
DVDは、眠れない私の毎晩の時を濃い物にしてくれる。
と言いつつも、だいたいジントニックなんかの甘いお酒もお供しているので、体重が増加するのが恐ろしい。

Copyright (c) 2015 雲は山と台風より渋かった All rights reserved.

サイト内コンテンツ